關於部落格
在南方的島嶼游泳♪
  • 58228

    累積人氣

  • 15

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

{歌詞} 鏡音リン【悪ノ娘】

鏡音リン【悪ノ娘】
-----------------------------------------------------------
むかしむかしあるところに
悪逆非道の王国の
頂点に君臨するは
齢十四の王女様

絢爛豪華な調度品
顔のよく似た召使
愛馬の名前はジョセフィーヌ
全てが全て彼女のもの

お金が足りなくなったなら

愚民どもから搾りとれ
私に逆らう者たちは
粛清してしまえ

「さあ、ひざまずきなさい!」

悪の華 可憐に咲く
鮮やかな彩りで
周りの哀れな雑草は
嗚呼 養分となり朽ちていく

暴君王女が恋するは
海の向こうの青い人
だけども彼は隣国の
緑の女にひとめぼれ

嫉妬に狂った王女様
ある日大臣を呼び出して
静かな声で言いました
「緑の国を滅ぼしなさい」

幾多の家が焼き払われ
幾多の命が消えていく
苦しむ人々の嘆きは
王女には届かない

「あら、おやつの時間だわ」

悪の華 可憐に咲く
狂おしい彩りで
とても美しい花なのに
嗚呼 棘が多すぎて触れない


悪の王女を倒すべく
ついに人々は立ち上がる
烏合の彼らを率いるは
赤き鎧の女剣士

つもりにつもったその怒り
国全体を包み込んだ
長年の戦で疲れた
兵士たちなど敵ではない

ついに王宮は囲まれて
家臣たちも逃げ出した
可愛く可憐な王女様
ついに捕らえられた

「この 無礼者!」

悪の華 可憐に咲く
悲しげな彩りで
彼女のための楽園は
嗚呼 もろくもはかなく崩れてく

むかしむかしあるところに
悪逆非道の王国の
頂点に君臨するは
齢十四の王女様

処刑の時間は午後三時
教会の鐘が鳴る時間
王女と呼ばれたその人は
一人牢屋で何を思う

ついにその時はやってきて
終わりを告げる鐘が鳴る
民衆などには目もくれず
彼女はこういった

「あら、おやつの時間だわ」

悪の華 可憐に散る
鮮やかな彩りで
のちの人々はこう語る
嗚呼 彼女は正に悪ノ娘
-----------------------------------------------------------
(中文翻譯)

很久很久以前
在某個大惡不道的王國
有一位君臨天下
芳齡十四的公主

豪華絢麗的用品
面容相似的下僕
名為約瑟芬的愛馬
全部全部都屬於她

金錢不夠揮霍
就從愚民身上榨取
所有反抗我的人
全部格殺勿論

「快給我跪下!」

惡之花 楚楚盛放
鮮豔的姿彩
四周可憐的雜草們
嗚呼 變成養分腐爛枯朽

暴君公主愛上的是
大洋彼岸的藍衣青年
但他卻對鄰國的綠衣少女
一見鍾情

忌妒發狂的公主
某天喚來了大臣
平靜地下令吩咐
「滅了那個綠之國」

無數的房屋燒毀了
無數的生命消失了
苦難人民的哀嘆聲
傳不到公主的耳裡

「哎呀 是下午茶時間了」

惡之花 楚楚盛放
瘋狂的姿彩
開的如此美麗的花
嗚呼 卻因多刺而無法碰觸

應該打倒萬惡的公主
人們終於揭竿而起
率領這群烏合之士的
是身著赤鎧的女劍士

積蓄已久的憤怒
瀰漫了整個國家
長年征戰疲憊不堪的士兵
根本不是對手

王宮終於被包圍
家僕也四散逃跑
可愛又可憐的公主
最終落入敵手

「這個無禮的傢伙!」

惡之花 楚楚盛放
悲哀的姿彩
為她而建的樂園
嗚呼 如同虛幻一般輕易瓦解崩塌

很久很久以前
在某個大惡不道的王國
有一位君臨天下
芳齡十四的公主

處刑時間是下午三點
教堂鐘聲敲響的時刻
被喚作公主的那個人
獨自在牢裡想些什麼

行刑的時刻終於來臨
宣告終結的鐘聲響起
對民眾之輩不屑一顧
她如此說道

「哎呀 是下午茶時間了」

惡之花 楚楚凋零
鮮豔的姿彩
後世之人如此相傳
嗚呼 她正是個萬惡之女
-----------------------------------------------------------
完畢-
相簿設定
標籤設定
相簿狀態